相続・遺言・事業承継のご相談は、東京日本橋の『東名つばさ司法書士事務所』へ

Glossary専門用語集

遺言いごん・ゆいごん

人生の最終の意思や希望を書面にして、遺言者が亡くなった後にその内容の実現を保障する制度のことです。

遺言がその人の最終の希望を書面にするものだからといって、死期が迫ってからでないと遺言書が作成できないことはありません。遺言者の最終の意思を尊重するものなので、遺言者が生きている間は、いつでも何度でも遺言内容を変更したり取り消すことができます。

ちなみに満15歳になれば、法定代理人の同意を得なくても有効にすることができます。

東名つばさ司法書士事務所
所属
愛知県司法書士会
(会員番号:愛知第1134号)
簡裁訴訟代理関係業務 認定司法書士
(認定番号:第218108号)
社団法人成年後見センター・リーガルサポート愛知支部
(会員番号:5103731)
特定非営利活動法人相続アドバイザー協議会認定会員
(第20期)