相続・遺言・事業承継のご相談は、東京日本橋の『東名つばさ司法書士事務所』へ

Glossary専門用語集

遺留分減殺請求権いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん

遺留分を侵害された相続人が、贈与又は遺贈を受けた者に対し、侵害された限度で贈与又は遺贈された物の返還を請求することができる権利のことです。

なお、遺留分減殺請求権には時効があることに注意が必要です。侵害された相続人が、相続開始及び減殺すべき遺贈等があったことを知った時から1年以内、もしくは、相続開始の時から10年以内に行使しなければなりません。

東名つばさ司法書士事務所
所属
愛知県司法書士会
(会員番号:愛知第1134号)
簡裁訴訟代理関係業務 認定司法書士
(認定番号:第218108号)
社団法人成年後見センター・リーガルサポート愛知支部
(会員番号:5103731)
特定非営利活動法人相続アドバイザー協議会認定会員
(第20期)